京都でHOT気持ちいい空間

いつでも時代祭を体感

 京都三大祭のひとつとして知られ、毎年10月22日に行われる時代祭。平安遷都から1,100年を記念して明治28年から受け継がれています。まるで絵巻物を再現したかのような総勢約2,000名、2キロにもわたる行列は、国内外から多くの人が見物に訪れます。そんな時代祭をもっと広く知ってほしいとの思いで「京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」は誕生しました。館内には、天井に沿うように細長いスクリーンが設置され、時代風俗行列をテーマにした映像が投影され、365日時代祭の雰囲気を感じることができます。施設名も時代祭の開催日(十月二十二日)にちなんだもの。

 オープンしたのは2017年の12月。現在は京都らしいお土産が買える京都老舗街や立ち飲み、和洋菓子など京都ならではのものを中心に集め、中には日本で初出店のショップも。2018年の春には物販エリアがさらに充実し、夏には劇場も開業する予定で、京都・岡崎エリアがさらににぎやかになる予感です。お土産選びはもちろん、ちょっとした休憩にも使えそう。


京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)
京都市左京区岡崎西天王町97番2
10:00~18:00
年中無休

バックナンバー