京都でHOT気持ちいい空間

黄金の一味は日本一辛い

道行く人の7割以上が観光客だという祇園周辺。この地で生まれ育った畑田さんが営む「祇園味幸」は、薬味の専門店。七味だけでも10種類以上はあり、鍋専用・ハバネロ・白七味・超激辛…などの中でひときわ目立つのがゴールドの包みの「日本一辛い黄金一味」。一般的な赤い唐辛子の十倍もの辛さがあり、「日本一辛い」と商標登録までした逸品です。辛党著名人にもファンが多いという黄金一味は、平賀源内が描いた書物の中に登場する「指上(さしあげ)」という黄色い唐辛子が原料。ただ辛いだけではなく、「キレが良くて男前」と畑田さんも褒めたたえます。あらゆる食材と相性が良く、味の邪魔をしないどころか、食材のおいしさを引き出してくれる名脇役。和食はもちろん、洋食や中華など世界中のお料理に使える万能調味料。そんな良さを利用し、コラボ商品のほか黄金の一味を使ったオリジナル商品も。ビーフカレーにあられ、海苔の佃煮、柿の種など多彩な商品が並び、新たな商品開発はまだまだ続きます。

お土産探しはもちろん、2階のカフェで、ゆったりとくつろぐこともおすすめ。シーズンや曜日を問わずにぎわいの絶えない周辺では隠れ家的な場所となっています。祇園を訪れる際は、ぜひ訪問地の候補に。


祇園味幸(本店)
京都市東山区祇園町南側590
10:30~19:00
月曜定休(祝日営業・翌日休業)
Tel:075-551-4985

バックナンバー