京都でHOT気持ちいい空間

使うほどに味わい深くなじむアクセサリー

時間になると、扉が開いて現れる小さな階段。その2階に広がるアンティークに統一された空間。「toya(トヤ)」は、作家でもある佐藤さんご夫婦が営む雑貨店です。オリジナルのアクセサリーを中心に、全国の手作り作家さんによるアイテムなど、まるでギャラリーのように丁寧に飾られています。

店名のtoyaには、木という意味があります。漢字の「木」は、「十」と「八」から成り立っていることから、木のように少しずつ年輪を重ねていけるように…との思いが込められています。佐藤さんが生み出すアクセサリーは、真鍮製が中心でキラキラとした華やかさはないものの、身に着ける人に寄り添うように、年を経るごとに味わい深く魅力が増していきます。繊細で、細い線の中にも芯の強さが見え隠れし、長く使い続けたくなる作品の数々。婚約や結婚など、記念日のリングのオーダーも次第に増え、真鍮以外のプラチナやゴールドの素材でも作ってもらえます。

向かいの部屋には、「gallery108」を備え、ワークショップや展示会なども。店内で行われる不定期のフェアにも注目です。


藤田商店フェア「昼の森、夜の森」開催

2016年10月21日~11月15日

動物が中心のブローチやオブジェの品数をいつもより増やして展示。一度目にすると何だか気になってしまう、思わず連れて帰りたくなる作品との出合いも。

toya(トヤ)
京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町341-2末盛ビル2F
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、木曜定休
Tel:075-202-6123

バックナンバー