京都でHOT気持ちいい空間

芸術家を応援する地域の拠点

 かつて、明倫小学校があった場所に建つ京都芸術センター。明倫小学校は、明治2年に開学した124年もの歴史ある小学校でしたが、平成5年に閉校しました。古くから呉服問屋で栄えたこの一帯には、画家なども多く暮らし文化や教育への関心が高かったといわれています。そんないわれあるエリアの特性を生かし、誕生したのが若者の制作活動の支援や情報発信、芸術家同士の交流を行うことを目的とした京都芸術センターです。館内には、制作室が多数並ぶほか、誰でも自由に使えるカフェや文化や芸術関係の書籍を多数そろえた図書館、情報コーナーがあり、情緒ある空間で過ごすことができます。

 カフェは、京都を代表するコーヒーショップのひとつ、前田珈琲。レトロな空間でいただくモーニングは特に地元の人たちに人気です。京都市内には、明倫小学校のように廃校になった小学校が点在していますが、校舎の趣を残しながら、新しい拠点として再活用されているところも少なくありません。いつもと少し違った視点で京都を眺めてみると、新しい発見があるかもしれません。


◆京都芸術センター
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
10:00~20:00(カフェは21:30まで)

バックナンバー