地域貢献

未来へつなげる「伝統のこころ」

日本きものシステム協同組合(JKS)は和装文化の振興、伝承の取り組みとして国内絹糸づくりや森林保全などの地域貢献を行っています。「京都モデルフォレスト運動」では桑栽培や蚕飼育など地域の事業に参画し、国内絹糸づくりを守るお手伝いをしています。

活動を通して地域の皆さんや子どもたちとふれあいながら、日本の伝統を未来に継ぐ重みを感じることは、わたしたちの日々の活力にもつながります。

今後も活動の視野を広げ、地域貢献、和装文化の振興にいっそう取り組んでまいります。

JKSは京都桑田村絹の郷づくりに協賛しています

トピックス一覧